パートの就職活動における転職回数の影響

パートで働きたいと思ったら パートの就職活動でも、やはり履歴書が必要です。履歴書の中には名前や住所等の他、所有資格や経歴を記入する欄もあります。これまでの職歴がある場合は、経歴の中に簡単にその経緯を記入するのが一般的です。経歴欄に記載された職歴は、パートの仕事で採用してもらう為に有利に働く可能性があります。ただしあまりにも転職回数が多い場合等は逆効果になる可能性もあるので、注意も必要です。

正社員として転職活動を行う場合は、一般的に転職回数が多いことがマイナス要因になると言われています。しかしこれは正社員に限った話ではなく、パートの転職活動でも同様のことが言えます。転職回数が多いということは、一つの仕事が長続きしていないという意味になります。企業が新たに人材を雇う際には、決して少なくないコストが発生します。短期間で仕事をしてしまう危険性がある人材はコストに見合わないと判断され、採用されにくくなってしまう可能性が低くありません。

しかし、採用してもらう為に履歴書に偽りを記入すれば良いというわけでもありません。虚偽の記載はますます採用してもらえる可能性を低めるだけです。それぞれの転職に適正な理由があれば、転職回数が多くてもそれほど問題にはなりません。パートの転職活動の際には、過去の転職を正直に履歴書に記入するだけでなく、面接の際に転職理由を尋ねられた場合の返答もきちんと用意しておくようにしましょう。


Copyright(c) 2019 パートで働きたいと思ったら All Rights Reserved.